あさた研メモ

主に私が気づいたこととか困った時のメモとか書き留めとく用。

org-mode->LaTeXでタイトルや著者に改行を入れる

著者者が複数いたり、肩書が長かったりしたときに。 @@latex:\\@@ってやれば改行できる。

#+AUTHOR: はてなブログ あさた研メモ @@latex:\\@@ asatake

すると出力は以下の感じになる。

はてなブログ あさた研メモ
asatake

サイトリニューアルしました。

音楽系の創作活動のためにサイトを一新。

http://asatake.com

実装は、フロントがflask、サーバがVPS + docker + nginx + uwsgi。

ソースも一応置いてます。

https://github.com/asatake/asatakecom

dockerとnginxの勉強はじめました

勉強ログ的なものです。

今回は、dockerでnginxを動かす第一歩です。

dockerのインストール

archlinuxなので

$ yaourt docker

で終わりでした。

daemonで動いていないといけないので、

$ sudo systemctl enable docker
$ sudo systemctl start docker

と入力して、daemonを起動しときます。

今回はUbuntu

以下のコマンドでubuntuのイメージを引っ張ってきます。

$ docker pull ubuntu

docker imageの作成

適当なフォルダを作って、

$ touch Dockerfile
$ emacs Dockerfile  # viとか適当なエディタで

Dockerfileの中身は以下の感じ。

# Getting Base Image
FROM ubuntu:latest

# Author info
MAINTAINER asatake

RUN apt-get update
RUN apt-get install -y vim  # エディタを適当に入れる
RUN apt-get install -y curl
RUN apt-get install -y nginx

# Port
EXPOSE 22 80

あとは

$ docker build -t asatake/nginx_ubuntu . 

みたいな感じでビルド。しばらく待ちます。

実際にnginxが動くかテスト

まずはコンテナ内に入ってみます。

$ docker run -it -p 8080:80 asatake/nginx_ubuntu /bin/bash

すると普通にbashが開くので、nginxをとりあえず起動してみます。

# service nginx start

デタッチするために、キーボードで
Ctrl+o Ctrl+q
と押します。

実際にブラウザを開いて見てみます。
localhost:8080
に接続して、nginxのスタート画面が出たら成功!

参考文献

指定したプロセスのコマンド部分のみを表示する

私的メモですが。 絶対パス表記でできました。

ps o cmd | grep PROCESSNAME | grep -v grep

シェルスクリプトでこれを実行するときは、

ps o cmd | grep PROCESSNAME | grep -v grep | grep -v SCRIPTNAME

でいけますね。

githubのContributionが緑にならなかった話

現象

自分のPCからcommitしたりプルリク送ったりしてるのにContributionが長い間緑にならなかった。

原因

githubに登録されているメールアドレスと、PCに登録されているメールアドレスが異なっている。

解決法

以下を実行する。

git config --global user.email <githubに登録されているメールアドレス>

または、githubに登録されているメールアドレスをPCに登録されているものへ変更する。